便秘と口臭の関連性とは?腸内環境が口臭に与える影響

もともと、日本人は腸が長いので便秘になりやすい体質なのですが、近年は食生活の欧米化によって男女問わず便秘になる方が増えています。
便秘というのはニキビが出来たり太ったりするだけではなく、口臭まで引き起こす原因になります。
便秘と口臭、一見なんのつながりもないように思えますが、実は口のニオイに大きく関係しているのです。

便秘というのは、本来なら排泄されるはずの不要物が腸内に溜まった状態です。
腸内は体温と同じぐらいの温度ですから、36度から37度ほどに保たれています。
食べ物のカスや老廃物などで構成されている不要物は、ほぼ生ゴミのようなもので、それが高温の環境に放置されていれば当然腐っていきます。
生ゴミが腐ると有毒物質が発生しますが、腸内に不要物が溜まっていると同じ状態になるので有毒物質が発生します。
腸内の有毒物質は腸内粘膜に取り込まれて血液の中に混ざり、全身をめぐって汗などと一緒に排出されるのですが、排出されなかった分は肺に取り込まれます。
すると、呼吸をしたときの呼気に有毒物質が混ざるので、生臭いような便のような口臭になってしまうのですね。

また有毒物質が混ざった血液というのは、どろどろになって流れが悪くなります。
血液が流れにくくなると、血管に負担をかけるので劣化してしまったり内臓器官の働きを低下させてしまうため、不要物の分解や解毒が滞ってしまいます。
こういった状態は悪臭物質を作り出すのですが、その悪臭の出口は他の不要物や有毒物質と同じく毛穴や呼気になります。
そのため、体臭はもちろん口臭も臭くなってしまうのですね。

便の悪臭を引き起こすのはアンモニアや硫化水素、インドールなどのニオイ物質ですが、便がスムーズに排出されていれば、便のニオイ自体もそんなにクサくありません。
しかし、便の排出が滞って腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、これらのニオイ物質もどんどん増加します。
さらに無毒化する働きを持つ内臓器官の機能が低下すると、ニオイ物質は腸内に溜まります。
ニオイ物質が溜まった腸内は、善玉菌の働きが弱まるので悪玉菌が増え、またニオイ物質が増加するという悪循環が起こるのです。
この連鎖が続いている限りは、いくら歯磨きをしても口内を潤わせても口臭を改善することはできません。
ですので、便秘な上に口臭が気になるという方は、とにかく便秘を改善することから始めましょう。

便秘を解消するには、3食しっかり食べること、朝トイレに行く習慣をつけること、食物繊維を摂ることなどいろいろな方法があります。
便秘薬を使う方法もありますが、強制的に排便しても根本の改善にはならないので、まずは自分の生活習慣を見直して便秘につながるような習慣を改善していくのがベストです。
ただ、自然に便秘を改善するとなると時間がかかるため、その間は口臭が気になることもあるでしょう。
そんな時は呼気から出る悪臭を消臭してくれる口臭サプリメントを利用して、体の中からニオイを改善していくといいですね。

投稿日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.