コーヒー・お酒などニオイの強い食品による口臭対策

嗜好品の一種であるコーヒーやお酒が大好きという人は、普通よりもかなり大量に飲んでしまうこともあるでしょう。
ただ、コーヒー自体は香りもよくリラックス効果まであるのに、飲んだ後は独特の臭いが発生しますし、酒臭いという言葉があるようにお酒もかなり口臭がきつくなります。
だからと言って、大好きなコーヒーやお酒を止めるわけにもいかないですね。
そんなニオイの強い食品による口臭は、どのような対策をすればよいのでしょうか。

即効性のある対策方法

まず、すぐに出来る口臭対策としてはガムを噛んだり、歯磨きをしたりすることです。特にコーヒーには豆の微粒子が入っているので、舌や歯に付着してしまい、他の食べカスと混ざり合うと臭気が発生します。
なので、歯磨きをして微粒子を落としてしまえばニオイの解消に効果的です。
お酒は付着こそしないものの、含まれる糖分などが口内に残っているとニオイの原因となるので、歯磨きでしっかり落とせば口臭を緩和できます。
ただし、歯磨きによる口臭対策はあくまでも一時的な効果しかなく、しばらくするとまた口臭がしてきます。

歯磨きをしても口臭が消えないのは、口臭の原因が他にあるからです。
コーヒーやお酒には利尿作用があるので、たくさん飲むとその分尿になって排出されていきます。

すると体内の水分量が減ってしまうため、口内の唾液の分泌量も少なくなって不足するのです。唾液は、口の中の雑菌の繁殖を抑えて口内環境を整える働きをしているので、不足すると雑菌が増殖して口臭を発生させます。
また、お酒に含まれるアルコールは肝臓で分解されて排出されるのですが、その時にアセトアルデヒドという物質が作られます。アセトアルデヒドは有害物質なので、これが血液に乗って肺まで運ばれると、呼気に混ざってしまうためお酒臭い息になってしまいます。
つまり、根本的な口臭対策のためには、唾液の分泌量を増やすこと、肺から出る息をクリーンにするという2つの対策が必要になるんですね。

仕事中の口臭対策方法

唾液を増やしたり呼気のニオイをごまかすには、ガムを噛んだり酸っぱいものを食べたりするだけでもいいのですが、外出中だとこういった対策ができないかもしれません。
もし、仕事などの関係で対策が難しいという場合は、口臭対策用のサプリメントを利用するのもおすすめです。
口臭サプリというのは、唾液の分泌を促したり、呼気をクリアにしてくれる成分が入っていますから、なかなか消えないニオイの強い食品による口臭でもすぐに解消する効果が期待できます。
ガムのように噛んだり、何かを食べたりする必要もないので、仕事中や外出先でも気軽に口臭対策ができるのもポイントが高いですね。

コーヒーやお酒などニオイの強い食品による口臭は人に不快感を与えるのはもちろん、不衛生で不潔な印象も与えてしまいます。
ですので、歯磨きやガムなどで口臭対策ができないとしても、放置せずにシチュエーションに合わせてしっかり対策をしておきましょう。

投稿日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.