唾液と口臭の関係性とは?良質な唾液を分泌するには?

口臭の原因は、ニオイの強い食べ物や虫歯、歯周病、内臓疾患などが挙げられます。
ですがこういった原因がないのに臭う場合は、唾液の分泌量が減少していることが考えられます。
唾液というと何となく汚いイメージがありますが、実は口臭に対してとても重要な役割を持っているのです。

唾液は唾液腺から分泌されるもので、約90%が水分、そして粘液と酵素、有機成分や無機成分から成り立っている液体です。
主な役割は、胃腸の消化活動をスムーズに行うために食べ物に含まれる成分を分解すること、口内の乾燥を防いで粘膜を保護することです。
食事の時にはよく噛んで食べなさいと言われますが、これは唾液を分泌してこれらの役割をしっかり果たすためなのですね。
そしてもう1つ、唾液には口内を殺菌・抗菌するという役割があります。
有機成分のアルブミンやムチンなどのタンパク質は、口内の乾燥を防いだり、口内の免疫を保って細菌の繁殖を防ぐ働きを持っています。
無機成分の一種である電解質というのは、口内環境を整えて、細菌が繁殖しづらい状態にします。
こういった成分の働きによって、口臭の元となる細菌の増殖を抑えられるので、唾液がきちんと分泌されていれば口臭はクサくならないのですね。

ただし、単に唾液がたくさん分泌されていれば口臭が防げるというわけではありません。
唾液と一口にいっても、余分な成分が混ざっていなければサラサラしていますが、中にはねばねばしているものもありますよね。
ねばねばしている唾液の中には食べ物のカスが溜まっていたり、血液成分が混ざっていたりしています。
このような不要物が混ざった唾液というのは、有機成分に含まれるアミラーゼやマルターゼ、酵素などによって発酵します。
これらの割合が多いと、発酵によって発生したガスのせいで口臭が強くなることがあるので、唾液の質に注意しましょう。

口臭を防いでくれる唾液というのは、さらっとしていて口の中が適度に潤った状態を保ってくれます。
こういった良質な唾液を分泌するには、まず水分をこまめに補給しましょう。
唾液は1日に約1.5リットルも分泌されるので、主成分となる水分が不足すると分泌量が減少したり、不要物が分解されず質が低下してしまいます。
ですので1リットル以上を目安に水分補給をすることが、良質な唾液を分泌する基本となります。
また、唾液は唾液腺から分泌されるので、唾液腺をしっかり刺激するために意識して咀嚼回数を増やしましょう。
顎をたくさん動かすと、フェイスラインにある唾液腺が刺激されて、新しくて綺麗な唾液の分泌が促進されます。
食間に口の中が乾いたり粘ついたりする場合は、唾液腺があるフェイスラインをマッサージしたり、口の中で舌を大きく回したりして唾液腺を刺激するのも効果的です。

それでも唾液の分泌量が少ない、さらさらした唾液が出てこないという時には、口臭サプリメントがおすすめです。
口臭サプリメントには、唾液の分泌を促す成分や口内を潤す成分が配合されていますから、効率よく良質な唾液を分泌して口臭を防ぐ効果が期待できるので活用してみましょう。

投稿日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.