塩素のような臭いの口臭がする時の原因と注意したいこと

起床時やマスクをした時など、自分の口臭が気になることありますよね?

一旦そう感じてしまうと、「自分が会話すると周囲の人が顔を背ける気がする」と感じてしまうことも・・・。大抵の場合は杞憂なんですが、中には本当に口臭が強くて周囲が我慢をしているケースもあります。

生理的な口臭は誰にでもあるものの、一定レベルを超えた口臭があるなら、何かしらの原因を抱えていると考えられます。口臭の原因は様々ですが、最大の原因は口内にあると言われています。

口の中には100億以上の微生物が繁殖しています。
なので、口内を清潔にしていないと、悪臭の原因となる細菌にとって格好の活動の場となってしまうんです。
最低限できることとして、歯周病や虫歯への対策。
歯磨きによって毎日食べカスをきちんと落とすようにしていきましょうね。

塩素のような口臭の原因は?

体内から発生する臭いの成分が血中に溶け込み、肺から呼吸によって排出されることもあります。

それが悪臭の口臭となりますが、その臭いは病気や内臓の状態によって起こるケースもあります。
それでは、塩素のような臭いがする場合は、どんな原因が考えられるのでしょうか?

塩素は刺激臭の強いものですよね。プールや漂白剤を使用した時に感じるモノのイメージが強く、口臭とは結びつかないような気もしてしまいます。
しかし体内にも強い刺激臭を持ち、食べ物を分解する液体がありますよね。

そう、胃液です。

この胃液の中にある強い酸性の消化液である胃酸が、健康な状態時より活発に分泌される「胃酸過多」になっていると、口臭から塩素のような臭いがすることがあります。

げっぷ等の症状と口臭の関連性

通常なら胃酸は食べ物を消化する時に分泌されるんですけど、胃酸過多になると胃に食べ物がない「空腹状態」でも胃酸が分泌されてしまうんだそうです。これによって「胃もたれ・胸やけ・げっぷ」といった症状が出てしまい、口臭がきつくなることがあるんですね。

そして、この臭いが塩素のような臭いに感じられます。

胃酸過多の原因はストレスによることが多いんです。
ストレスから自律神経が乱れると副交感神経が活発になり、胃酸の分泌を増加させてしまいます。

リフレッシュする時間を作り、心に余裕が持てるように心がけましょう。

極端に冷たい・熱いものを食べるのはNG!胃に負担の少ない、消化の良いものを食べること。
まらストレス解消とばかりに飲み過ぎ・食べ過ぎることも厳禁ですよ。

塩素臭の対策法は?

胃酸過多が改善されないようなら、病院で診察してもらってくださいね。
原因を治さないことには口臭も改善されません。

ただ、病院で診てもらってもハッキリ原因が分からないこともあります。それほど症状が進行していなければ、薬を処方してもらえないケースもあるので、そんな時は口臭サプリを試してみるのも手です。

口臭サプリの中には、口臭の元になる悪臭の成分に直接アプローチする商品もあって、体内で溶けだし内蔵に速やかに広がっていくので、ガムなどと違って体の内側にアプローチし、効果も長時間に及ぶんです。
口臭が気になること自体もストレスになるので、こういったサプリを服用することで安心感が得られるのも、精神的に良い効果がありそうですね。

当サイト独自の視点で、口臭対策サプリを比較していますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

更新日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.