硫黄のような臭いの口臭がする時の原因と注意したいこと

「自分の口臭がにおってるのでは?」と不安に感じている人、実はとても多いんです。
口臭の原因は様々ですが、多くは口腔内にその原因があります。
歯も体と同じように年齢を重ねると徐々にトラブルが増えてきます。いくら気を付けてケアしていても、加齢と共に歯周病のリスクは高まりますし、体質的に虫歯になりやすい人も存在しますよね。
ですからある程度の口臭は避けられない現象ですし、口腔内を清潔にする・ガムやタブレット等で吐息を一時的にでも隠すことで、他人にまで気づかれるほどの口臭が発生することはないでしょう。

しかしそういった努力をしてもキツイ口臭が感じられる場合は、内臓の病気が原因であるケースも考えられます。”硫黄のような臭い”の口臭が発生してしまう時は、どんな原因が考えられるのでしょうか?

硫黄のような口臭の原因は嫌気性菌

硫黄と言えば温泉の源泉の臭いが浮かびますよね。
「そんな臭いが口から?」とちょっと驚いてしまいますが、口臭の中では珍しくないんです。
口臭の原因の多くは口腔内にあると説明したように、誰しもが少なからず感じる生理的口臭と歯周病
が口臭原因の8割以上を占めるとの調査もあるほど。
その2つ共から発生する口臭が硫黄に関係した成分なのですから、硫黄の臭いがするのは当たり前と言えます。

硫黄臭のガスを作る原因は嫌気性菌という菌。
この菌は酸素があると生きていけず、酸素が無い状態になると悪臭の元になるVSCと呼ばれるガスを発生させます。
VSCとは”揮発性硫黄化合物”で、これが硫黄臭を放つ揮発性のガスなのです。

揮発性硫黄化合物の代表的な成分は以下の通り。

硫化水素

生理的口臭の原因となるもの。卵が腐ったような臭い。

メチルメルカプタン

歯周病になると大量に発生。玉ねぎがくさったような臭い。

ジメチルサルファイド

歯周病の進行に伴い、発生量が増加。

生理的口臭については唾液量の減少が大きな原因となります。
唾液中には酸素が多量に含まれており、好気性菌が多く存在しています。
つまり唾液量が減少していなければ、生理的口臭は気にならないんですよね。
起床時や緊張で喉がからからの時などに口臭を感じるのは、口内が乾燥している為なんです。

歯周病の場合は、歯と歯茎の間のすき間の歯周ポケットに、嫌気性菌が増殖してしまうのが原因!
歯周病になると歯茎に炎症が出来て、徐々にすき間が出来てしまいます。
ここが歯石により蓋をされることで、内部の酸素が減少し、嫌気性菌の繁殖が活性化され口臭が強くなっていきます。

歯周病の口臭対策は?

歯周病は軽度のものを含めると、40代以上では8割以上が罹患しているとも言われています。
何よりの対策は歯磨きとフロスできちんと歯を磨く事。
定期的にクリニックでクリーニングをしてもらうことも有効です。
歯周病は放置していると歯を失うことにも直結するので、歯茎がはれる・出血するといった症状があれば、必ず歯科医院を受診しましょう。

そこまで酷い状態でなく、様子見をする場合は口臭対策としてサプリの利用もオススメです。
サプリの中には唾液中の成分を使用しているものもあり、単に臭いをごまかすだけでない効果も期待出来ますよ!

当サイト独自の視点で、口臭対策サプリを比較していますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

更新日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.