歯周病や虫歯など口腔内の病気による口臭の原因と対策

口内には常に細菌が存在しているので、体調や口内環境によって口臭があるのは普通のことです。また、口臭がきつくなれば自分で気がつきますから、対策をすることができますね。
ただし、歯周病や虫歯など口腔内の病気による口臭は自分で気がつかないことがあるので注意しましょう。

病的口臭の9割以上は歯周病や虫歯が原因

口腔内の病気による口臭は病的口臭の一種になりますが、この病的口臭の原因の約90%は歯周病や虫歯だと言われています。歯周病というのは、歯を支えている歯肉や歯茎などの歯周組織が、歯周病菌に感染することで発症します。歯周病菌は歯垢に含まれていることが多く、歯垢の蓄積を放置すると免疫力が低下して、細菌が繁殖するため歯周病にかかりやすくなります。

虫歯は、よく知られているように、歯に虫歯菌(ミュータンス菌)が繁殖することで歯が溶けてしまうことで発症します。いずれにしても、口腔内の病気の原因となるのは歯周病菌やミュータンス菌ですから、菌が繁殖するためかなりクサい口臭が発生するんですね。

歯周病や虫歯に対しては、予防する対策方法はあるものの、そもそも病気ですからセルフケアでは治す方法はありません。歯周病や虫歯が発症してしまったら、どんなに歯磨きをしてもデンタルフロスをしても原因菌を死滅させることはできません。もちろん繁殖を抑える効果はありますが、残念ながらすでに原因菌が繁殖している状態なので、何をしても口臭を消せないんですね。

なので、歯周病や虫歯の対策は歯科医で治療を行う方法しかありません。
まずはしっかり治療を行って、原因菌を取り除くことが一番の対策になります。

歯医者さんの治療は多くの場合、短期間では終わらない

と言っても、ほとんどの場合1回で治療が終わることはありませんから、治療期間中の口臭に悩む方も多いのではないでしょうか。
口腔内の病気による口臭をどうにかするには、とにかく原因菌の繁殖を抑えることが最優先です。

ただ歯磨き粉に殺菌成分が入っていても、口をゆすいだらほとんどが流れてしまいますし、デンタルフロスなども菌に対しての効果は持続しません。
よく、お茶には殺菌作用があるから、菌の繁殖を抑制する効果があると言われますね。
確かに殺菌作用はあるのですが、お茶にはコーヒーよりもカフェインが含まれていて、カフェインというのは唾液の分泌量を減らしてしまいます。
そのため、口内が乾燥してしまい余計に口臭がひどくなることもあるので、これもあまり効果は期待できません。

口腔内の病気が原因の口臭には、唾液の分泌を促したり、ニオイ対策に効果的な成分が配合されている口臭ケアサプリメントを活用しましょう。
口臭ケアサプリメントでは虫歯や歯周病を治すことはできませんが、菌の繁殖によって発生するニオイを緩和する効果は期待できます。
また、口臭ケアサプリメントは口内と胃腸内にアプローチするので、息自体をクリアにして気になる口臭を改善してくれます。

病気による口臭を根本から治すには歯科医の治療が必要ですが、息に関してはサプリメントも活躍してくれますから、病気が治るまではどんどん活用していきましょう。

投稿日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.