口呼吸は口臭の原因になる?対策は?

寝る前にきちんと歯磨きをしても、寝起きというのは口臭がするものです。
これは誰にでも起こるものですが、モーニングブレスとも言われる口臭の原因は口呼吸です。
なぜ口呼吸をするだけで口臭がクサくなってしまうのか、その原因と対策方法を見ていきましょう。

人間が無意識にする呼吸は鼻呼吸ですが、鼻が詰まったり激しい運動をしたりすると口で呼吸をします。
ですが、寝ている時は鼻が詰まっていなくてもリラックスした状態であっても口で呼吸をしてしまう人が少なくありません。
口呼吸をすると、唾液が分泌されていても、乾燥した空気が口内に入り込んでしまうため、口の中が乾燥します。
唾液というのは、口の中に存在している常在菌の繁殖を抑えたり、口内の汚れを洗浄する役割を持っています。
その唾液が乾燥によって蒸発してしまうと、細かい汚れが残ったままになって細菌が増殖するのです。
細菌はニオイの元になりますから、口呼吸をしていると口臭がきつくなるのですね。

もし、自分が口呼吸をしていることに気がついている場合は、まず口呼吸をする原因を突き止めましょう。
鼻づまりによって口呼吸をしてしまうのであれば、耳鼻咽頭科で診てもらってください。
特に鼻は詰まっていないという方は、自分の口をチェックしてみてください。
意識していないと口が半開きになっていないか、無意識に鏡を見たら口角がかなり下がっていないかなどを確認するといいですね。
口周りの筋肉が衰えると、口がだらんと開いてしまって口呼吸をすることが多くなります。
ですので普段口を動かすことが少ない方は、口周りの筋肉を鍛えるのがベストです。
あいうえお体操や割り箸を横にして奥歯で加えるという運動をすると、筋肉が鍛えられて口がしっかり閉じるようになりますから、口呼吸の改善につながります。

ただし、歯並びや噛み合わせの悪さのせいで口呼吸をしてしまう場合だと、歯科医で治療するしかありません。
鼻だけではなく、歯に原因がある口呼吸も自分では治せないので歯科医で診察を受けてください。
こういった原因に心あたりがないのであれば、睡眠時無呼吸症候群になっている可能性もありますから、家族にチェックしてもらいましょう。
睡眠時無呼吸症候群だと睡眠時に口呼吸をしてしまうので、呼吸器内科や耳鼻咽頭科で診察を受けて、マウスピースなどを使って治療を行うといいですね。

ですが口呼吸を治す努力をしたとしても、何が原因であってもすぐに口臭を改善することはできません。
というのも、呼吸は常にするものですから、口呼吸が習慣になっているため、完全に口臭が消せないのです。
ですので口呼吸を改善できるまでは、口臭対策として口臭サプリメントも併用するのがおすすめです。
口臭サプリメントは、口内の細菌の増加を抑える唾液の分泌を促す成分や、ニオイを消臭する成分が入っています。
これらの有効成分が効けば、口呼吸の改善まで時間がかかってしまっても口臭を気にする必要はありませんから、即効性のある口臭対策をしたい方は口臭サプリメントを利用しましょう。

投稿日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.