胃腸や肝臓など、内臓疾患による口臭の原因と対策

虫歯もないし、歯磨きもしっかりしているのに口臭が治らないという方は、内臓疾患が原因かもしれません。
内臓が口臭に関係しているなんて意外に思う方もいるでしょう。
ですが、内臓というのはすべて口から器官でつながっていますから、病気のせいで呼気がクサくなってしまうことがあるのです。

内臓から来る口臭のトップは胃や腸から

内臓疾患による口臭の中でも、もっとも多いのは胃腸機能の悪化によるものです。

食道には弁がありますから、食べ物が発酵したガスが逆流してくることはありません。ただし、このガスというのは腸壁から体内に吸収されて血液の中に混ざってしまいます。そして肺に運ばれるため、吐く息にガスが混じることで口臭がクサくなってしまうんですね。

また、ストレスを感じることが多い人の場合、その負荷が胃腸にくることがあり、胃腸機能が低下しやすいです。
胃腸には免疫細胞がたくさん集まっているため、機能が低下すると免疫力が下がってしまいます。
すると、口腔内の免疫力も低下するので、膿栓や舌苔が出来てしまい口臭を発生させることもあります。

口臭の原因は肝臓にもあった

肝臓の働きというと、真っ先にアルコールを分解することが思い浮かびますが、もう1つニオイ物質の発生を抑制する働きもあります。そのため、肝臓の状態が悪化すると、ニオイ物質の発生が抑えられなくなってしまうのです。

肝臓の疾患による口臭は、ドブのような牛乳を拭いた雑巾のようなかなりの悪臭になるので、異臭がしたら注意してください。

また、肝臓は有毒物質を尿素に変える役割も持っています。しかし肝機能が低下してしまうと、有毒物質が処理できなくなりアンモニアなどのニオイが口臭として発生することがあります。
アンモニア臭がした場合、肝機能が停止している可能性もあるので、すぐに病院で診察を受けなくてはいけません。

内臓疾患による口臭は、まず病気の治療をするのが鉄則ですが、その上で生活習慣にも気をつけましょう。
ストレスを溜めないように心がける、睡眠をたっぷり取って体を休ませる、適度な運動を行うなど生活習慣を規則正しく整えるのが対策の基本です。
また、揚げ物や甘いもの、暴飲暴食など消化しにくく胃腸や肝臓に負担のなるような食事は控える、飲酒は量を減らす、休肝日を作るというのも効果的です。
いずれにしても、内臓疾患は普段の生活の中で負担をかけすぎることで起こるので、体に優しく健康的な生活を心がけてくださいね。

と言っても、それだけで口臭が改善できるわけではないので、治療を行いながら口臭サプリメントも併せて使うようにしましょう。
内臓疾患による口臭は、体の中からニオイが出てくるので歯磨きなどで抑えることができませんし、治療が終わるまではニオイが発生し続けます。
口臭サプリメントには、体内のニオイを抑える成分が配合されています。
この成分を体内に取り込むと、内臓で発生したニオイに対して作用しますから、口臭を無臭にしたり消臭する効果が期待できます。

もちろん口臭サプリメントは口臭にしか効かないので、内臓疾患はきちんと治療を続ける必要があります。
ですが、とにかく口臭をどうにかしたいという方は、口臭サプリメントを取り入れて、口臭だけでも改善するといいですね。

更新日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.