自分でできる口臭セルフチェック方法とは?

口臭がクサいかなと思っても、まさか人には聞けませんから、どのぐらいニオイが強いか気になってしまいますね。
自分でクサいと感じるのであれば、思っている以上にニオイがきついこともあるのですぐに口臭チェックが必要です。
ニオイの強さを自分で判断することはできませんが、口臭リスクやセルフチェックをすることで、改善の必要性が分かるのでチェックしてみましょう。

口臭リスクというのは口臭を発生させてしまうリスクのことですが、どのような種類の口臭かを判断する目安にもなるものです。
寝起きや空腹時にクサく感じる、口の中がねばねばする、虫歯や歯垢が目立つ、ニオイの強いものをよく食べる、ゲップが臭い、コーヒーやお酒を飲む、たばこを吸うという方はかなり口臭リスクが高いです。
また胸やけがよく起こる、胃腸関係が弱い、体がだるおもという方だと、口臭に気が付かなくても臭っている可能性があるので要注意です。
いずれにしても、こういった口臭リスクに心当たりがあるという方は、すでに周りに感づかれるぐらい口臭がひどいかもしれないのですぐに対策をとりましょう。

しっかりニオイもチェックしたいという方は、口臭セルフチェックをしてみるといいですね。
もっともスタンダードなのは、ビニール袋を使って行う方法です。
ビニール袋に息を吹きかけたら、袋口を閉じて息を閉じ込めてください。
そして、鼻で数回新鮮な空気を吸い直したら、ビニール袋に閉じ込めた息を嗅いでみます。
この時に異臭がしたり、明らかにクサいニオイがしたら、何らかの原因で口臭が発生しているかもしれません。

もっとはっきりしたチェック方法だと、オキシドールを使った方法があります。
オキシドールを水で2倍ほど薄めたら、その水でうがいをして洗面器などに吐き出してください。
オキシドールは、酵素に反応すると発泡する性質があるので、吐き出した水に小さい気泡がたくさん発生していて、その泡がしばらく消えなければ口臭が発生している可能性があります。

もし出先などで急に口臭が気になったら、両手の平を出来る限り密着させて口周りを覆い、そこに息を吹きかけましょう。
そして、ニオイが隙間から逃げる前に吸ってみて、異臭を感じたら口臭がしていると考えられます。
このセルフチェック方法は曖昧ですから、完全に口臭がすると断言できるわけではありません。
ただ口臭というのは常にクサいものと、シチュエーションによって発生するものがありますから、気になったときの応急確認方法として覚えておくといいですね。

このように自分の口臭を確認する方法はいろいろあるので、まずはセルフチェックをしてみましょう。
ですが口臭に気がついても何もしなかったら意味がありませんから、口臭サプリメントなどすぐに対策として使えるアイテムを用意しておくことが肝心です。
その上で原因をきちんと把握して、原因を改善する対策を併せて行っていけば、日ごろの口臭ケアと根本的な口臭の改善につながります。

投稿日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.