甘酸っぱい口臭がする時の原因と注意したいこと

気になる体のニオイの第1位は口臭だと言われています。人とコミュニケーションする時、意外と相手の口臭って気になりますよね。
口臭はコーヒーや煙草の臭いなどの一時的なものを含め、虫歯や歯周病といった口内に原因があるケースがほとんどです。正しい口内ケア、酷い場合は歯科医院を受診して原因を解消すれば口臭も改善されるはずです。

しかしこういった対処をしても口臭が改善されないケースは、その発生源が内蔵にあることも!
内臓機能の低下、もしくは病気により臭いが口臭となって外に漏れてしまうのです。
病気によってその臭いにも特徴があるのですが、口臭が甘酸っぱい場合はどんな原因が考えられるのでしょうか?

甘酸っぱい口臭の原因は?

甘酸っぱい口臭がする場合、疑われる原因となる病気は「糖尿病」です。
より具体的なニオイの表現としては”リンゴが腐ったような臭い”とされ、決して芳香ではありません。

これは「アセトン」という物質に起因する臭いです。
アセトンは誰しもの体内に存在し、血液や尿の中に含まれているもの。
しかし糖尿病に罹患すると血糖を取り込み、エネルギーに変えるインスリンが不足します。
そのため糖を分解しエネルギーに変えることができなくなるので、代替として脂肪やたんぱく質を分解し、エネルギーを作りだすようになっていきます。

この分解による副産物としてケトン体が生成されるのですが、そのケトン体の中にアセトンが含有されており、口臭や体臭からアセトンの臭いが発せられるようになってしまうのです。

糖質制限等のダイエットで厳しく食事制限を行っている人も、ケトン体が発生しアセトン臭を放つようになることも!
そういった理由で、アセトン臭は別名「ダイエット臭」とも呼ばれています。
ダイエットによって口臭が気になるようになった場合は、方法を見直す必要がありそうです。

糖尿病の”乾き”も要因?

糖尿病の自覚症状である「喉や口内の渇き」も口臭に影響が!
渇きを感じる原因として、罹患すると唾液量が減少することが挙げられています。
唾液は口内の潤いを保つとともに、食べカス等を洗い流す自浄作用という大切な役割があるので、唾液が減少すると細菌の増殖が活発になり、口臭が強くなってしまうのです。
就寝中は唾液の分泌が減るので、起き抜けは多くの人が口臭を感じますよね。
それと同じ仕組みです。

口臭への対策は?

他にも糖尿病の自覚症状や気になる症状があるならば、何を差し置いてもまずは病院で診断を仰ぎましょう。
罹患している場合は治療を行うことで、アセトン臭も軽減することができるでしょう。

あるいは診断の結果、まだ疑いレベルであった場合には、糖尿病にならないように食事や生活習慣を見直す努力が必要です。口臭については口内のケアを確実に行うことと、さらに体内環境を改善する口臭サプリの利用もお薦めします。

更新日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.