舌苔や膿栓など生理的な口臭の原因と対策

一般的に、口臭というのは虫歯や歯周病などによって、口内に雑菌が繁殖することで発生すると言われています。
もしくは胃腸関係が弱っていたり、耳鼻咽頭に何らかの疾患がある場合でも口臭が発生します。
ただ、何の問題もないのに口臭がきつい、クサいという場合は生理的なことが原因になっているのかもしれません。

生理的口臭ってなに?

生理的口臭というのは、簡単に言ってしまうと日常生活を送っているだけで発生する口臭です。例えばタバコを吸った後は口が臭くなりますし、にんにくやねぎなどニオイが強いものを食べると息が臭くなりますが、これが生理的口臭です。
他にも、緊張したり疲れたりして唾液の分泌量が減少することで発生する口臭も生理的口臭になります。

ただ、このように明らかに口臭が臭くなる原因が分かっているものなら問題ありませんが、中には舌苔や膿栓のせいで口臭がすることがあります。
舌苔は普通ならクサくなりませんし、膿栓も健康であればできないものなので、しっかり対策を行わなくてはいけません。

舌苔や膿栓とは?

舌苔というのは、舌の表面が黄ばんだり白色になったり、黒いコケのように見える状態です。健康であれば舌苔の色味は薄くピンク色なのですが、唾液を分泌する機能が低下したり、分泌量が不足したり、自律神経や胃腸関係に異常が起こると厚みが出て色も変色します。

舌苔が分厚くなると、そこに食べ物のカスなどが付着して雑菌が繁殖することもあり、口臭を発生させてしまいます。
膿栓は、別名「臭い玉」とも呼ばれるもので、扁桃のくぼみに死滅した免疫細胞が集まって出来る固まりです。大きさは米粒ほどですが、細胞の死骸の固まりなのでクサい臭いを発生させる原因になるのですね。
いずれにしても、舌苔や膿栓のような生理的な口臭がする場合は、どんなに歯磨きやデンタルフロスをしても改善できないので、症状に合わせた対策を行いましょう。

舌苔と膿栓の対策法

舌苔の場合は、歯ブラシ売り場に売っている舌磨き用のブラシを使うのがおすすめです。普通の歯ブラシを使って舌苔をこそげ落とす方法もありますが、このやり方だと舌を傷つけてしまい、雑菌が繁殖する可能性があります。舌磨き用のブラシであれば、先端が丸くなっているので舌を傷めることなく汚れを取り除くことができます。

膿栓は、綿棒で取ったり、シャワーなどの水圧で取るという方法がありますが、これも扁桃を傷つけるかもしれません。扁桃が傷つくと扁桃腺炎などが起こるリスクが高くなるので、耳鼻咽頭科などで取ってもらうのがベストです。

いずれにしても、生理的口臭というのは必ず自分の中に原因があるのですから、生活習慣や口内の状態を見直して口臭を発生させている原因を突き止めて改善していきましょう。

ただ、こういった対策をしても口臭がするのでは、と不安になる方もいるでしょう。
確かに自己流の対策だと、確実に口臭が治ったと思えるまでには時間がかかります。
そんな時は、対策と並行して口臭サプリなど口臭を抑えるアイテムを利用して、本当に口臭が改善されるまではサポートしてもらうといいですね。

投稿日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2017 All Rights Reserved.