クロレッツやキシリトールなどのガムで口臭対策はできる?

ガムは口臭対策になるの?

キシリトールガムの画像

食後や人に会う前、特にデートの約束がある時などにガムを噛む人も多いのではないでしょうか?
コンビニやキオスク、ドラッグストアなどで手軽に買えて、なんとなく口臭が抑えられるような気がしますよね。

ガムのCMは日常的によく見ますが、中でも粒ガムのパイオニアともいえる「クロレッツ」は30年以上の歴史を持っていて知名度は抜群です!しかも90%以上の人が「30分以上、口がスッキリした!」と長続きの効果を実感しているんです。口臭対策はバッチリ♪と思いたいところですが、果たして本当に効果はあるのでしょうか?

実は、ガムは口臭対策になると言われているんです。
特にクロレッツなどの、キシリトールを配合したガムはより高い効果を得られます。

ガムの口臭対策効果は大きく分けて2つあるので、それぞれについて説明していきますね。

①マスキング効果

マスキングとは覆い隠す意味。
口臭の元となる成分を、ガムに含まれるミントなどの強い香りで「覆い隠しごまかす」ものです。
体臭を香水によって緩和させるのと同じ方法です。

②唾液の分泌を促す

口臭の原因はいくつかありますが、口内環境に起因するものが大きな割合を占めています。
歯磨きをしない、あるいはキチンと出来ていない場合、口内の細菌が食べカスなどをエサにして分解し、それらが嫌な硫黄のような臭いを発生させます。硫黄化合物の気体が多いのが特徴で、硫黄ですから当然良い臭いではないのが残念ですね。

ただ、唾液にはそういった口臭を抑える作用があるんです。
加齢やストレスで唾液の分泌は減少してしまいます。緊張した時に口の中が乾くのを感じる、あの現象です。こうなると口臭がより強くなってしまうので、適切な唾液の分泌はとても重要なんです。
唾液の作用は次のようなものがあります。

◇自浄作用
唾液は食べカスなどの口内の汚れを洗い流す。

◇抗菌作用
唾液に含まれている酵素やタンパク質によって、細菌の活動を抑制する。

この2つの作用が特に口臭対策に有効なのですが、噛むことで顎を運動させ唾液腺が活発になり、唾液を分泌させることがガムの大きな効能となっています。
唾液と口臭の関係性については、こちらでもまとめています。

クロレッツなどガムの口臭への効果

では、ガムを噛んでいれば口臭対策は十分かと言えば、そうではありません。
ガムを噛むのは根本的な口臭の原因への対策ではなく、あくまで一時的な効果であると考える必要があります。

それを踏まえた上で、毎日きちんと歯磨きを充分に行ったり、歯周病対策をして口内環境を整えることが大切です。
またそれでも口臭を感じるならば、病気や体内の不調も考慮しなければなりません。

ガムは仕事中などには噛めない時間もありますし、クロレッツのようなシュガーレスであっても炭水化物を含むので糖に変化してしまうというデメリットもあります。
こういったデメリットがある点を考えると、ガムはあくまでも補助的な位置付けとして捉え、より手軽で体の内部から改善していく口臭対策サプリの利用もお薦めです。特にガムでは効果を感じられない場合、試してみる価値があります。

更新日:

Copyright© 口臭対策サプリを価格で比較するサイト!【口臭サプリ比較ラボ】 , 2018 All Rights Reserved.